Amazon おすすめ商品[PR]本日発売の本をチェック
競艇丸わかりガイドブック―すぐにレースが見たくなる競艇丸わかりガイドブック―すぐにレースが見たくなる
山崎 智也 ¥ 1,575
競艇選手 心理の読み方―名人・善さんの競艇人生と歴戦の体験から読み解く舟券戦術競艇選手 心理の読み方―名人・善さんの競艇人生と歴戦の体験から読み解く舟券戦術
中道 善博 ¥ 1,575
アトサキ必勝舟券術アトサキ必勝舟券術
K‐DAT ¥ 1,575
競艇24場完全攻略ガイド競艇24場完全攻略ガイド
檜村 賢一 ¥ 1,260

2007年10月08日

平和島・SG全日本選手権最終日

平和島競艇場で行われるSGなのに、東京支部の出場者はゼロかもしれない。そんな不安でいっぱいだった。
しかし、ボーダーギリギリだった彼がダービー勝負がけを見事に成功させ、出場することによって最悪の事態を免れることができた。
彼の名は、高橋勲。
サーファーである。

<中略>

出場を決めてくれただけでも私は喜んだ。
しかし、彼はやってくれた。
期待以上に。
なんと予選トップ通過。
優勝戦も1枠。
あとは逃げるだけである。

1高橋勲 2田中信一郎 3魚谷智之 4寺田祥 5吉川元浩 6金子良昭

もちろん、予選トップ通過でここまで来たのだからエンジンが悪いわけではない。しかし、それ以上に凄かったのが3魚谷。SG三連覇、ダービー二連覇をかけて、このモーターなら可能性も大きい。スタ展でもスリット超えての伸びは一番であった。もう一人、エンジンで抜けていたのが4寺田。しかし、スリット抜ける選手でもないので隣に魚谷が居たら出番は無いだろう。6金子の前付けも展示でなかったので怖くはなく、5吉川もここでは差して3着まで。怖いのは2田中。全盛期の田中の何が怖いって、2枠での強さ。これは頭まであるんじゃないのかと思いつつ、前日サイトで予想したのは1-23-235の4点。しかし、ここまで負けていたこともあって、123、132の2点で十分だろうと思うも三連単で勝負する勇気もなく、12、13と三連単で穴を散らすかと迷っていたところで某予想屋の1=3予想。この日、9Rも12、13で十分と思っていたところを14・12予想を信じて12,14で買ったら13で決まってうあああああとなったけれど、今度こそ来るだろうと信じてみた。何よりスタ展スリットを見て魚谷のまくりは固いと思っていたので。そして買った目は「1-3、1=3-24」の5点。
さあいこうゆうしょうせん。
ピットアウトで2田中が絶妙な飛び出しを見せて場内をざわざわさせるも、進入は枠なり3対3。スリットは内の4人が揃う展開、ここから3魚谷が伸ばしてくるか!というところで4寺田と3魚谷の好モーター同士で競り合ってしまい、そのスキに内から高橋、そして田中が逃げ差しを決めて1−2−3。

深く考えすぎたorz

何より、1-2を取れない時点でサイト名に反しているんだよな。
全俺が泣いた!

でも、地元高橋勲。
唯一の東京支部で、優勝を決めたのは本当にすごい!
おめでとう。


おまけ。
植木さんに会ってきた!
今後どれだけ会えるかわからないけれど、最後じゃないといいな!
植木通彦Diaryの更新、楽しみにしております!

10戦2勝 -7360
posted by まなめ at 22:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。