Amazon おすすめ商品[PR]本日発売の本をチェック
競艇丸わかりガイドブック―すぐにレースが見たくなる競艇丸わかりガイドブック―すぐにレースが見たくなる
山崎 智也 ¥ 1,575
競艇選手 心理の読み方―名人・善さんの競艇人生と歴戦の体験から読み解く舟券戦術競艇選手 心理の読み方―名人・善さんの競艇人生と歴戦の体験から読み解く舟券戦術
中道 善博 ¥ 1,575
アトサキ必勝舟券術アトサキ必勝舟券術
K‐DAT ¥ 1,575
競艇24場完全攻略ガイド競艇24場完全攻略ガイド
檜村 賢一 ¥ 1,260

2007年08月26日

私が本命党に至るまで

競艇を始めたころは穴党だった。まだお金がない頃で、通称100円ショッパー。基本的にカドマクリ予想が主体で、4カドマークの5コース差し抜けを当てることに自信を持っていた。当時はそれでかなり勝ち越していたのだが、スタート展示が導入されたり三連単が導入されたりする改変期に、全く当たらなくなった。穴を買えば本命が来たり、本命を買えば穴が来たり。裏目裏目で、かなりの額負けていたと思う。一時期、あまりのひどさに戦跡をつけなくなってしまったので完全な成績が残っていないのが残念だ。

掛け金が上がっていったのにもきっかけがある。一つはゲストルームへ招待されたことだ。当時、競艇オフィシャルサイトから賞をもらう程度には名前の知れるサイトであったこともあり、とあるサイトの常連さんに招待してもらう機会があった。当時は二連単の時代で、窓口によっては300円以上・500円以上・1000円以上のところがあった。ゲストルームでの購入額は自由だが、私以外で100円玉を使用している人がいないこともあって、ものすごくためらいながら買っていた。しかし、その日は一般戦。一般戦ならではの超本命レースで一度くらいは札を投入してみるかと思いたち、見事に二連単2.0倍を1000円で一発的中。今思うとこれがまずかったのだと思う。

そしてもう一つ。三連単の登場だ。当時は、毎月2〜4日で必ず12R勝負していたにもかかわらず、三連単が登場してから2年くらい三連単を一度も的中できなかった。自分でも当たらないと分かって二連単の方を中心に買ってはいたが、ついでに買う三連単で的中したことがない。そして、やっと的中するようになった頃にはBOXや流しが体に染み付いていた。

そんな私が本命党になったのには3つの理由がある。

1つ目は、たまたま本命を買って的中したことだ。誰でもそうだと思うけれど、例えまぐれでも的中して儲けたという良い記憶ができてしまうと、それに拘ってしまうものだ。私もごたぶんに漏れず、たまたま続いたラッキーにしがみつくようになった。それは、どの艇も消すことができず、買い目が何十通りにもなってしまったとき「絞り込めずに100円で十数通りも買うんだったら、本命に1,000円一点勝負した方が安上がりだな」と思ったときだった。そして的中した。一度ではなく、二度三度と。

2つ目は、二連単流しカードの存在だ。私と一緒に競艇場で遊んだ人なら誰もが知っていると思うが、私は流しのマークシートで一点買いをするのが好きだった。要するに単に天邪鬼だっただけなんだけれど。たまに、絞りきれずに一点勝負をするときは決まって二連単流しカードで1着固定・2着1つだけマークして買っていたのだ。これも単にジンクスの域を出ないものだが。

3つ目は、私の競艇仲間がみんな穴党だったことだ。これは非常に大きい。本命が来て当たったときは自分だけ的中というパターンが多いのだ。他人と違うことに爽快感を感じてしまう私(参考)はこの爽快感がたまらなかった。

一応、3つの理由を挙げたけれど、最大の理由は“勝つようになった”こと他ならない。


1.私が本命党に至るまで
2.本命党の視点と穴党の視点とでは見える世界が違う
3.私の舟券の買い方
posted by まなめ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

ベットマネジメント

要するに、購入金額を上げ下げすることである。

どんなベットマネジメントが一番良いのかは
分からないが、基本は以下の2つになるのかなと思う。

1.ひとつのレースにおいて購入金額にばらつきを持たせる場合
2.レース間において購入金額にばらつきを持たせる場合

他にもこんなのがあるよーとかあるかもしれないが
結局のところ、目的はひとつである。

勝つためにベットマネジメントをするのだ。

前回、本命党と穴党の説明で本命党は
データ上、大きく負けることはないが
大きく勝つこともほとんどないと言ったが
これを打ち破るのが、ベットマネージメントなのである。

本命党が大きく勝つためのベットマネジメント、
穴党が大きく負けないためのベットマネジメントが
重要だと、私は考えている。

例えば穴党が、本命の目を元金回収程度だけ
購入することではずれる確率を下げたり、
例えば本命党が、勝負レースを作って
リスク&リターンの勝負に出たりする。
これがベットマネジメントだ。

むやみやたらに購入金額を変えただけだったり、
負けを取り戻すためだけの購入金額アップは
ベットマネジメントとは言いたくない。
だって、自信があるから購入金額を増やすなら
自信がないときに購入金額を減らさないと
マネジメント(管理)だなんて言えないでしょ?
 
 
(追記)
ベットマネジメントには買い目の数の管理も含まれるのかな?
だとしたら、いかに無駄な券を買わないかも考えないとね。
私、BOXは必ず5枚はずれるんで好きじゃないんですよ。
posted by まなめ at 00:09 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本命党と穴党 Final

で、結局本命党と穴党は何が違うの?
回収率は同じ75%なんだし、どっちでも同じでしょ?

確かに全体を見れば75%に収束する。
しかし、こんなイメージくらいは
あなたも持っているのではないだろうか。

『本命はローリスクローリターン。
 穴はハイリスクハイリターン。』

実は、これが差なのです。

本命党が本命だけを同じ額で買い続けた場合と
穴党が穴だけを同じ額で買い続けた場合の
回収率のイメージはこんな感じになる。



これを見てアナタはどう思うだろうか?
穴党には大勝ちするチャンスもあるが大敗を喫する可能性も大きい。
逆に、本命党は大きく負けることはないだろうが大勝ちする可能性も少ない。

的中することはほとんどないが当たったら喜びが大きい穴党か、
はずれる悔しさより小さな的中を何度も味わいたい本命党か。
ここが、分かれ目になるのだろう。

ここで注意してもらいたい。
上記のグラフは、同じ額だけ買った場合というのが前提条件でした。
これを変えるのが、ベットマネージメントなのです(続く)
posted by まなめ at 00:01 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

将棋と競艇。

勝手に将棋トピックス - 羽生善治二冠の対談を読んで。

今の将棋は、以前とはルールは全く変わっていないのに、決着がつくまでが短くなっていて、ヤマ場が少ない感じで終わる。短距離走と同じで、スタートでつまずいたらもう終わり。だから、気持ちの持ち様が以前とは違ってきたということもあります。


将棋の場合は、から中盤にかけて大きな進歩を遂げてきたからでしょう。
競艇界でも、エンジンの技術が格段に向上したことで
勝負の決まるのが早くなってきたように感じます。

1マークからスリットへ。
スリットからピット離れへ。
そして、丘の上にまで・・・


ただ、お互いにミスがすごく少なくて、完璧に近い内容の将棋は見ていると意外にドラマチックではない。お互いに最短コースを間違いなく突っ走って決着がついているからです。完成度が高いとも言えるけれども、逆にお互いミスをして大混戦になった方が見ている側からすると面白い。


まさにこれが今の競艇界だと思うのです。
ミスが圧倒的に減りました。
あとで書くつもりですが、今の競艇は敗者のゲームをしていると思ってます。
選手間の実力の差は小さくなり、
インの選手がミスをしなければ逃げが決まるレースが多いです。

世間は、スタート展示がインを強くしていると言いますが
私は、モーター性能が良いことがインを強くしてしまったのだと思います。
選手の安全のためにエンジン性能を良くし、特に出足系統が良くなったら
インのスタートが届くようになり、ダッシュの利点が少なくなった。

6人が6人で完璧に近い内容のレースをしたら
将棋だけでなく、競艇もドラマチックではない。
ただのイン逃げ一番人気だ。
逆に誰かがスタートミスをして、スリットがガタガタになった方が
見ている側もおもしろいレースが期待できるというものです。
posted by まなめ at 00:01 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

本命党と穴党 その3

本命党も穴党もないだろ。
当たる舟券を買えばいいだけじゃないか。

要は当たるかはずれるかだよ。
配当の大小なんて関係ない。

自分の予想を決めて配当が低ければ
今日の客はなかなか見る目があるなと思うだけさ。
posted by まなめ at 00:01 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

本命党と穴党 その2

穴党になってしまう理由。
それは資金が足りないから。
特に1レース数百円しか舟券を購入しない人は
ほとんどの人が穴券しか買わない。

理由はカンタン。
100円買って300円払い戻しされてもつまらないから。

「やっぱり本命だったか」と言うのに
どうして本命を買わないか。
それは当たっても喜びが少ないから。

ここででてくるのが3連単。
今まではイン逃げでは10倍もつかなかったのに
今度は15倍から30倍もつくことがあるではないか。
これなら資金の少ない本命党も安心だぁ!

と思いつつも、いざ当たったら
「3連単なのに3,000円?当たった気がしないなー」
とか言いやがる。

人間の欲というのは恐ろしいものである。
posted by まなめ at 00:01 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

本命党と穴党 その1

A君は1-4 10.0倍(2番人気)を10枚一点勝負で購入。
結果も1-4で見事に的中。
10,000円の払い戻しを受けました。

B君は4-1-9、4-2-9、4-5-9と1枚ずつ計12枚購入。
結果4-1-5の100.0倍が見事に的中。
10,000円の払い戻しを受けました。

さぁ、アナタはどちらがうれしいですか?


収支は以下のようになります。

A君の場合
 支出 1,000円
 配当 10,000円
 収支 プラス9,000円

B君の場合
 支出 1,200円
 配当 10,000円
 収支 プラス8,800円

現金主義の私は、断然A君派ですが、
アンケートを取ったらB君派も半分くらい
いるのではないでしょうか?

ここが本命党と穴党の分かれ目だと思うのです。

万舟券(マンシュー)を当てることのみに
生きがいを感じている人、
いかに大きな額を当てるかを競っている人、
あなたのまわりにいませんか?

最後に、ちょっとまぬけな穴党C君をご紹介。

C君の場合
 支出 12,000円(3連単120点買い)
 配当 10,800円(取りガミ)
 収支 マイナス1,200円
 マンシューを取った喜び priceless
posted by まなめ at 00:01 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

はじまり。

私は競艇が大好きだ。
観戦し、雰囲気に乗り、感動を共にする。
その楽しさを味わうために競艇場に足を運ぶ。
ギャンブルとしても楽しんでいるが
決してこれで食っていこうとは考えていない。

と言いつつも、ひとつのレースに数万つっこむ私では
「儲ける気はない」と言うと説得力の無いところだが、
これも「感動を共にする」のひとつと考えてもらいたい。
せっかく賭けるなら当てて儲けようというのが私の考えであるが
それ以上に、どんな考え方をして、どんな買い方をしたら
当たるかを考えるのが、私の最大の楽しみ方である。

私は数学科を卒業した人間であるため
この2つの学問については詳しくないが、
今時点ではこう考えている。

過去のレースのデータからレースの傾向を導き出すのが経済学。
実際に予想をし、舟券を買う行為を経営学。


今後、この考え方を否定することになるか
裏付けするデータが出てくるかはわからないが
「考え方」をメインに書いていくことになると思う。
posted by まなめ at 00:01 | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。